土地の事をもっと学ぶ【土地の大辞典】

土地の大辞典

京都での土地探しについて

京都は落ち着いた古い街並みが多く残り人気がある都市です。
京都で土地探しをするのであれば、鉄道沿線がお勧めです。
ご存知の通り京都は観光地でバス車内はいつも混雑して道も時間帯によってはかなりの確率で渋滞します。
夜遅くまで繁華街の近くはにぎやかなため、土地探しは昼間だけでなく夜の環境も調査する必要があります。
また、京都市内は一般的に北の方が落ち着いた環境で鴨川沿いなどは人気がありますが、バスで南下して京都駅や主要な駅まで通勤することはかなり疲れることもあります。
ただ毎日京都観光をしていると思える人は全く苦にならないと思います。
最近では、市の政策の一環としてマイカーの利用を制限しようとする取り組みもあり、京都で土地探しをされる方は、今後は自転車や徒歩での通勤も視野にいれた方がよいかもしれません。
京都市内は行政施設や病院などもコンパクトに集約していますから、高齢の方でも十分に住みやすい環境です。
しかし、盆地ですから独特の気候があります。
夏の暑さは高齢者の方にとっては注意が必要です。
近畿地方の天気予報ではほとんど毎日最高温度が京都という日が続きます。
それでも打ち水作戦など行政も様々な取り組みを行っているため暑さも人の多さも楽しめることが京都の良さではないでしょうか。

個人で土地探しをするとき

個人で土地探しをするとき

家を建てたり自営業のための店舗を作る場所を探すときに、土地探しをするということがあります。
個人が土地探しを行うときには、不動産業者に直接質問をするという従来の手法があります。
この他にもインターネットを活用することで、個人はいつでも土地探しをすることができます。
この他にも土地を探すときにおいては、従来のやり方である現地確認をすることで次のことが実現します。
土地が所在している所まで行くことで、そこまでのアクセス方法を知ることができます。
そして実際の土地の大きさをチェックすることにより、家や建物を建設するときの参考になるのです。
またどの部分にどれくらいの大きさの建物を作るのか、ということもできるようになります。
その他にも、周辺の状況などを掴んでおくことで今後のことに役立てることができます。
個人が土地探しにおいて現地確認をすることは、直接確認を実現するという結果をもたらします。
そこの土地を買って建設をするときには、事前の下準備が必要となってきます。
あらかじめ確認すれば、買うかどうかなどの判断にも影響を与えていきます。
情報を事前に知っておくことで、その土地で過ごすときに有利な状況に持っていけます。

メニュー

『土地 競売』 最新ツイート

@Civil_lawbot

法定地上権の要件:①抵当権設定当時、建物が存在していたこと(保存登記なくても可) ②抵当権設定当時、土地・建物が同一所有者に帰属していたこと ③土地・建物の一方or双方に抵当権が設定され、競売によりそれぞれ別異の者の所有に帰属するに至ったこと。

8時間前 - 2018年12月11日


@senki_bot

[民][法定地上権3] 2.抵当権設定当時に土地と建物の所有者が同一であること。別人であれば既に賃借権等の利用権が設定されているはずであり、法定地上権を認める必要がないからである。 3.土地・建物の一方又は双方に抵当権が設定されたこと。 4.競売の結果、所有者が別人になったこと。

8時間前 - 2018年12月11日


@senki_bot

[民][法定地上権2] 成立要件は 1.抵当権設定当時に建物が存在すること。設定後の築造は認められない(判例)。法定地上権が成立すると競売価格が下落するので、更地として土地を評価した設定者を保護するため。 なお建物は存在していればよく、所有者が登記名義を有する必要はない(判例)。

8時間前 - 2018年12月11日